お金をかけてもやっておきたい断熱リフォーム!!省エネ効果で快適生活!!

住宅の暑さや寒さの原因は、断熱工事が不十分である事が問題かも知れません。断熱リフォームを行う事で、年間を通して快適に過ごせる住まいを手に入れる事ができます。ここでは、断熱リフォームの際に知っておきたい、メリット、施工方法、費用等を紹介します。

断熱リフォームとは?

立川市 断熱 リフォーム,日野市 断熱 リフォーム

断熱リフォームとは、住宅の壁や床等に断熱材を入れたり、窓にサッシを付けたりする事で、室内への外気温の影響を受けにくくする為に行うリフォームです。断熱性の弱い住宅では、屋外の寒さや暑さがダイレクトにそのまま家の室内に影響が出るので、冬場は寒く夏場は暑いと言う悩みが発生します。その問題を解決する為に断熱リフォームをすると、冬場は暖房で暖められた空気を室内で維持でき、夏場は屋外の暑い熱が室内に入ってくる事を防ぐ効果が期待できるのです。このように、快適な暮らしを送る為にも、断熱リフォームは私達の生活に欠かせないリフォームなのです。

断熱リフォームの効果とは?

暖房の効きが良くなり温かさを維持できる

断熱リフォームを行う前は、室内で暖房を付けて一時間経っても全く暖かくならない事も普通にあります。しかし、断熱リフォームをすると、大体30分程度で室内の暖房効果を実感する事ができ、暖かさを感じる事ができる等、部屋が暖まる時間にも差が出ます。これは冷房効果でも同様で、断熱リフォーム後の住宅では冷暖房の空気が逃げない為、エアコン効果が良くなるのです。

光熱費を抑えて節約する事ができる

断熱リフォームによって冷暖房の効きが良くなると言う事は、余分な消費電力を使用しなくて済む事になります。なので、自ずと今までよりも光熱費が安くなります。実際に、断熱リフォームによって15,000円以上も光熱費がお得になった家庭の方もいます。

病気改善効果にも繋がっている

気温が低い冬場に、暖房が中々効かない為に体がずっと冷えた状態だった状態から、断熱リフォームによって体質が大きく改善する事にも貢献しています。特に、女性の場合は冷え性で悩んでいる方が多いので、暖房の効きが良くなる事によって冷え性改善にも繋がります。また、アレルギー系疾病の改善にも、断熱リフォームによって改善されるケースもあります。

冬場の壁や床の表面温度の8度上昇

一般的な住宅では、室温20℃で壁表面温度が10℃位の場合、人の体感温度と言うのは大体15℃程度になります。しかし、断熱がしっかりした住宅では、室温20℃で壁表面温度は18℃、体感温度は19℃となります。このように、同じ室温であっても、断熱リフォームをした住宅とそうでない住宅では壁温度に大きな差があり、体感温度も大きく変わってきます。

夏場の冷房を同じ設定にしても室温に4℃差が出る

一般的な住宅では、夏場の天井温度は約40℃を超えます。なので、住宅の室温は31℃位が目安になります。一方、天井が断熱リフォームしてある場合、天井温度は35℃程度になって、室温は27℃位になります。断熱リフォームを行う事で、冷房節電にも大きく貢献する事ができます。

断熱リフォームの施工方法とは?

立川市 断熱 リフォーム,日野市 断熱 リフォーム

① 内断熱工法

内断熱工法とは、家の内側から断熱リフォームを行う方法です。内部の壁を剥がして断熱材を入れて施工するか、上から断熱材を貼る施工の2通りの方法があります。壁を剥がしてリフォームする場合には、部屋の家具を移動やキッチン移動の必要があります。なので、移動困難な場合は、必要箇所のみを断熱する施工が行われる場合もあります。また、エアコンやコンセント等、電気工事も必要になってきます。従って、引っ越しを余儀なくする形になるので、断熱リフォームする際には、借り住まいを用意する必要もあります。一方、断熱材を上から貼って施工する場合には、壁を剥がして行われる際の壁の解体はありません。部屋が少し狭くなりますが、施工期間は短くなります。

② 外断熱工法

外断熱工法は、断熱材を家の外側に貼ってリフォームする方法です。特に家具等を移動させる事もなく、施工も短期間で済ます事ができます。しかし、住宅自体にリフォームした分、重さがかかるので、耐震強度に関しては十分に問題無いか確認してから施工を行う事が大切です。

代表的な断熱リフォームとは?

床下

底冷えという言葉を聞いたことはありませんか?冷たい空気は足元に溜まる性質を持っています。そのため、床に断熱材が入っていないと特に冷たく感じてしまいます。床下にもぐって施工する方法、床をはがして施工する方法、いまの床の上から断熱材を貼る方法と3つ方法があります。

天井

屋根裏を断熱するための方法です。隙間なく断熱材を敷き詰めると、屋根や天井から熱が逃げることを防ぐ効果があります。

部屋は、壁にかこまれてできています。その壁に断熱材が入っていないと、外気温をそのまま部屋に伝えてしまいます。そこで、熱を通しにくい断熱材を入れることで部屋の温度を外気温で左右されないようにします。

室内の熱の約半分が窓から逃げていくともいわれています。窓のサッシを取り換えることもできますが、2重サッシにするほうが簡単に施工できてコストを抑えることができます。

断熱リフォームの相場価格とは?

立川市 断熱 リフォーム,日野市 断熱 リフォーム

床断熱リフォーム

床断熱リフォームでは、約3,000~5,000円/㎡が目安です。これは、床下から断熱パネルを取り付ける費用相場になります。床材を剥がして施工する場合には、フローリング材張替えと一緒にすると費用節約ができます。フローリング材張替えは、約3,000~5,000円/㎡が目安ですが、高級床材等の無垢材を選ぶと1㎡の施工費用は1万円を超える場合もあります。

壁断熱リフォーム

壁断熱リフォームでは、充填断熱は約5,000~1万円、外張り断熱は約7,000~9万円、断熱塗装は約5~8千円が目安です。充填断熱は、一旦、壁のクロスやパネルを剥がしてから断熱材を敷き詰めるので、平均的な住宅で約50~100万円が相場になります。また、外張り断熱は外壁材解体を要するので、外壁張り替えと一緒に行うのが一般的です。住宅1棟当たりの外張り断熱の相場は約70~90万円ですが、外壁材交換も同時に行った場合には約110~150万円程度が目安です。
断熱塗装と言うのは、断熱機能を持った塗料を外壁材に塗る施工です。外壁材解体が不要なので大掛かりな工事は伴いません。しかし、足場設置費用や高圧洗浄費用等が発生するので、住宅1棟当たり約80~110万円が相場になる事もあります。このように、断熱費用は住宅現状、規模、面積、仕上げ方法等によって価格は大きく異なります。

天井断熱リフォーム

天井断熱リフォームでは、約2,000~8,000円/㎡が目安です。床断熱同様、天井材を剥がさずに施工する事ができます。また、天井に梁や桁等が多く断熱材を敷き詰めるスペースがない場合には、断熱材をスプレーで吹き付ける施工になるので費用は少し割高になります。住宅1棟当たり約16~30万円が相場です。

窓断熱リフォーム

窓断熱では、複層ガラス窓の交換は約1~3万円、アルミサッシから樹脂サッシの交換は約3~10万円、内窓取り付けは約5~12万円等、幾つかの方法があります。複層ガラス窓は、ガラス部分が2枚或いは3枚で構成されている窓の事です。ガラス同士の間の真空やガス層が熱移動を遮断する効果があります。また、サッシは樹脂製の方がアルミ製よりも高い断熱性を持っています。樹脂製サッシに交換する事で、断熱性はもちろん結露等も防ぐ事ができます。サッシごと窓を取り換える際には費用がかかりますが、ガラスのみ交換できたり既存の窓に手を加えず取り付けられたりするものを選ぶ事で、工事費用を抑える事ができます。